定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)気分障害・うつ病/強迫性障害 > 双極性障害の生物学的治療ガイドライン:双極性うつ病急性期の治療

双極性障害の生物学的治療ガイドライン:双極性うつ病急性期の治療

WFSBP(生物学的精神医学会世界連合)版

双極性障害の生物学的治療ガイドライン:双極性うつ病急性期の治療
目次・本文閲覧

双極性うつ病を正しく診断し、より適切な治療を行うために!
成人の双極性うつ病急性期の治療に関し、生物学的精神医学会世界連合(WFSBP)が作成したガイドライン!

双極性障害の顕著な特徴は躁病と考えられているものの、双極性障害の患者にとってより大きな負担となるのは、大うつ病エピソードと抑うつ症状である。双極Ⅰ型でも、抑うつ状態の期間が躁状態または軽躁状態の3倍にもなる。さらに双極性うつ病は、躁病ではほとんど問題にならないであろう、診断の困難さや自殺リスクといった問題を抱えており、対応が大変難しい。本書は、生物学的精神医学会世界連合(WFSBP)が、科学的エビデンスに基づいて治療法に推奨グレードを付け、体系的に解説した実用的なガイドラインである。

H.Grunze, E.Vieta, G.M.Goodwin
C.Bowden, R.W. Licht, H.J.Moller, S.Kasper
WFSBP Task Force on Treatment Guidelines for Bipolar Disorders 著
山田和男(東京女子医科大学 東医療センター 精神科 教授) 訳
本体価格 1,600 円 + 税 B5判 並製 72頁
ISBN978-4-7911-0839-8〔2013〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
緒言および開示説明
はじめに
双極性うつ病の診断
方法
双極性うつ病の急性期治療
概説
抗うつ薬
リチウム
バルプロ酸
カルバマゼピン
ラモトリギン
オランザピン
クエチアピン
その他の非定型抗精神病薬
増強療法
非薬理学的、生物学的治療
精神療法
双極Ⅱ型うつ病に特異的な考慮
結論

単極性うつ病の生物学的治療ガイドライン 第Ⅰ部:大うつ病性障害の急性期と継続期の治療 2013年改訂版

M.Bauer, A.Pfennig, E.Severus
P.C.Whybrow, J. Angst, H.J.Möller
on behalf of the Task Force on Unipolar Depressive Disorders
山田和男(東京女子医科大学 東医療センター 精神科 教授) 訳

双極性障害の生物学的治療ガイドライン:躁病急性期の治療

H.Grunze, E.Vieta, G.M.Goodwin, C.Bowden, R.W. Licht, H.J.Moller, S.Kasper & WFSBP Task Force on Treatment Guidelines for Bipolar Disorders 著 山田和男(東京女子医科大学 東医療センター 精神科 教授) 訳

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

気分障害・うつ病/強迫性障害

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.