定期刊行物新刊書籍書籍一覧電子書籍オンデマンドメールマガジン
トップページ書籍一覧(ジャンル別)薬物療法・精神薬理 > 向精神薬の薬物動態学

向精神薬の薬物動態学

基礎から臨床まで

向精神薬の薬物動態学
目次・本文閲覧

多剤併用療法が問題となっている現代、薬物動態学的配慮は必須である。
しかし向精神薬を中心に据えた薬物動態学に関する解説書は、訳書をのぞき皆無であった。

薬の副作用の発現を最小化し、効力を最大化するためには、個々の患者に適した薬の性質とその用量の選択、いわゆる個別化医療が重要である。さらに併用療法においては、薬の作用機序の理解と共に薬物動態上の薬物相互作用の実態を把握しておくことが重要である。
本書は、向精神薬の薬物動態をその基礎から臨床場面における実態・問題点まで実例を挙げて解説したものである。一般身体科治療薬との相互作用や、患者の年齢・性別・疾患・食習慣等の影響について詳述している。使用頻度の高い向精神薬のデータをまとめ、薬物動態学的に重要なパラメーターをカテゴリー別に薬のランキングをし、実践的に使えるテキストとなっている。

加藤隆一 監修 鈴木映二
本体価格 3,800 円 + 税 B5判 並製 256頁
ISBN978-4-7911-0837-4〔2013〕

アマゾン楽天セブンアンドワイ三省堂紀伊國屋ジュンク堂


Contents
第Ⅰ章 薬物動態学的の基本
第Ⅱ章 薬物動態を理解するためのキーワード
第Ⅲ章 薬物動態学の基本的な指標
第Ⅳ章 薬の吸収
第Ⅴ章 薬の分布
第Ⅵ章 薬の代謝
第Ⅶ章 薬の排泄
第Ⅷ章 嗜好品・食品と向精神薬の薬物動態
第Ⅸ章 年齢、性別、各種病態と薬物動態
第Ⅹ章 最近の主な向精神薬の薬物動態学的特徴

メールマガジン登録・解除 E-mailアドレスを入力しご希望の項目ボタンを押してください。-->メールマガジンサンプル

薬物療法・精神薬理

↑このページの先頭へ
本ホームページのすべてのコンテンツの引用・転載は、お断りいたします
Copyright©Seiwa Shoten Co., Ltd. All rights reserved. Seiwa Shoten Co., Ltd.